安心リフォームの知恵

木部塗装の注意点☆②

今日は前回の続きで
木部塗装の注意点☆②
を書いていきたいと思います。
難易度の高い木部塗装。。。
知識として頭に入れておくだけで
これからリフォームをする際に役に立つこと
間違いなしです!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(☆雑談コーナー☆)


皆様こんにちは!!
浜松市浜北区の住宅塗り替えリフォーム専門店
ウチケンスタッフです!!

3連休おわりましたね!!
浜松は台風も夜のうちに去ってくれて
良かったです(*^▽^*)

土曜日は、なゆた浜北の市民ホールで
ポケモンの映画が見られるということで
ピカチュウとリザードン好きな娘を連れて
行ってきました!!
二歳以下の小さい子もみられる会場なので
もし子どもが泣いたり、騒いだりしても
みんなお互いさまって感じで、
「映画を観る」という事を
体験できる機会があるのは良いなあと思いました。(´ω`)
ですが公共施設なので、
ポップコーンが販売されながらも
会場内では飲食禁止という辛い設定。。。。。笑
お茶くらいは許して。。。(笑)


あ、!!ウチケン事務、田中さんから
こんな写真を頂いたので、ブログに載せたいと思います。


旦那様が富士山に登ってきたようで!!!
キレイな写真を頂きました!!















雲海スゴイ!!!
写真キレイ!!



ここが頂上なんですね~~~
旦那様、お顔は隠れてるけど載せちゃいます。(笑)

私は富士山に登ったことはないんですけど
(まず自信がない。体力もない)
頂上まで登り切るって
大変だけどすごい達成感でしょうね。。。(´ω`)!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて本題まいりましょう。


前回の続きからです。

前回ブログ「木部塗装の注意点☆①」はこちら(*^▽^*)



今日は「木部塗装の注意点☆②」です。





☆ケレンなどの下地処理が非常に大事


木部塗装の限っての話ではありませんが、
木部塗装では特にケレンなどの下地処理作業が重要となります。



この作業をちゃんとやらないと
ただでさえ繊細で扱いづらい木部での塗装が
たったの数週間で剥がれてしまうという事に
なりかねません:;(∩´﹏`∩);:

鉄部も同様に非常にケレン等の下地処理は大事な作業になります。

下地処理についての記事もありますので
よかったらこちらもご覧ください☆





☆太陽の当たり方でも劣化の仕方が変わる!


木材と言うものは
太陽の光の影響を非常に受けやすいです



太陽光に含まれる「紫外線」
木材の中の様々な物質に影響を及ぼし
変色などの劣化を招きます。

さらには、雨。ですね。

太陽光によって分解された木の成分は
雨によって流されてしまい
表面は非常に劣化したような色あせが起こります。
太陽光によって繊維がボロボロになり、それを雨が
流してしまう。。。。。という事に(>_<)

こういった劣化を防ぐ為に塗料を塗る必要があり
塗料による保護を行えば、キレイな外観を保つことが可能です。






☆木部塗装に使う塗料の種類とその特徴


前回のブログでも少し触れましたが
木部には木部用の塗料を塗らなければなりません

また、屋内に適している木部を塗装する
木部用着色剤には2種類のタイプがありますので
そちらを紹介していきたいと思います。

①浸透タイプの塗料

木材の内部に浸透していくことで木材を保護します。
表面に塗膜が出来ないために
「木」が持つ質感(木目など)を損ねません。

カビが付きにくい防カビ性があるものの
耐久性はそこまで高くはありません(>_<)
保護力があまりないため、耐久年数は短めだと
捉えておいた方がよいでしょう。

お家の外部での木部に関しては
雨やホコリ、紫外線の影響によるカビや
虫の侵入などが考えられますので
防藻、防虫ステインが入った防虫塗料も必要になります。
浸透タイプの塗料には、石油系、天然油脂を含ませたものが多く
近年では水性ステインなど水性塗料も開発されています。



②造膜タイプの塗料

木材の表面に塗膜を作る塗料です。
撥水性があり、耐久性も高いのが魅力です。
透明な塗料もあり、木目を見せたいときに使用されます。

ただし、木材の塗膜強度はそれほど高くなく
下地処理や下地塗料の施工に結果が左右されます。

造膜タイプの塗料では、DIYでの塗り替えは難しく
プロに任せた方が良いでしょう。
塗膜タイプが造膜型の塗料は
合成樹脂塗料天然樹脂塗料があります。

②-1 合成樹脂塗料

古くからペンキとして歴史がある油性調合ペイントを「OP」といいます。
価格の安さから、家庭用塗料として主流だった塗料ですが
現在では乾くまでに時間がかかり
施工時間も長くかかるため敬遠されているものです。

そして、乾燥時間が短めで現在の主流となっているのが
合成樹脂調合ペイント「SOP」と言うものです。
顔料に樹脂ワニス膜というものを混ぜた透明な塗料で
DIYでも馴染みあるものとなっています。

合成樹脂ペイントの中でも
汚染性が低く、安全性が高いアクリル樹脂塗料は
木部塗料用でも住宅内部が適していると言われています。
危険性が少なく、シックハウスの対策にもなります。

ウレタン樹脂塗料と言うのは
耐久性が高く室外木部に適しているとされています。

②-2
天然樹脂塗料

環境問題やシックハウスが問題となっている昨今
天然樹脂塗料も注目されています。






☆水性や溶剤と言った分類もある

いろいろあってわけ分からんくなってきますね。←
もうちょっとです!!!←

水性タイプや溶剤タイプの中には
1液型、2液型などに分類されます。

・1液型
水、あるいはシンナーを薄めることで塗装します。
混合に手間がかからないのですが
場所によっては使用できない場合もあります。

・2液型
塗料と硬化剤を塗る前に現場で調合します。
固まりやすく耐久性の良い塗膜を作り出してくれます。
手間がかかり、価格が高めになる傾向が。








☆木部塗装の流れ

①下塗り

まずは木部下塗り塗料を塗ります。
下塗りには、上塗り塗料を密着させる役割があるので
しっかり乾燥させるのが大事です。

既存塗膜の傷みが激しい場合は
下地調整が必要になります。

②中塗り、上塗り

次に中塗り、上塗りと続いていきます。

水性シリコン塗料よりも
溶剤系のものを使うと耐久性が高まります。

溶剤系塗料は
シンナーの臭いがキツく環境にも害があるといわれる
「強溶剤」
刺激が少ない塗料用シンナーで薄めている
環境にも優しい「弱溶剤」があります。







☆木部塗装で気を付けるポイント

①同じ種類の塗料を使う

塗り替えの場合、今塗っているものと
同種類のものを使用するようにしましょう。

以前塗られていたのが溶剤塗料だと
塗り替えで水性タイプのものを使用すると
なじまない特徴があります。


②目的別で塗料を考える。

・木部下塗り塗料(木部下塗りのための塗料)

・特殊木部塗料(ウッドデッキなど、特殊な木部用)

・木部上塗り塗料(木部の上塗りをするための塗料)

など、木部塗料には目的別で塗料を使用する必要があります。

目的別でも、沢山の塗料がありますので
業者さんに相談しながら
ベストな塗料を選択していきましょう。







☆木部塗装DIYのメリット・デメリット

プロに頼むとどうしてもお金がかかります。
ご自身でやってみようと思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんなわけで、自身で木部塗装するメリットはこちら。

・小規模であれば、費用をグッと抑えられる

です。やはり費用面です。。。



そしてデメリットはこちら。

・足場がないので高い所は難しい。
(ハシゴは転落の危険があります!!)

・どの塗料をそろえたらいいかわからない

・プロに頼んだ時と比較して耐久性が劣る。。。

等。。。


いや、DIYが好きであればなにも問題はないのです。(笑)

ご自身でやったとなれば、愛着もわきますしね(*^▽^*)



「DIYでやってみたいけど、材料も手順もよ~分からん」
と言う方は多いかと思います!

前回のブログでも書いたように
ウチケン社長、
お問い合わせいただければ
無料で塗り方等を教えてくれるそうですので。。。

興味がある方は是非、お電話下さいね!!!!





専門的な言葉も多くなって
読みづらかったらごめんなさい(+_+)

木部塗装は、塗装屋にとって曲者である。。。。
という捉え方でしょうか。

ですが「木」と言うものは
私たち日本人の生活・家屋には
切っても切り離せられないもの。。。。

なので、リフォームの際には
最大限、ご希望に添えられるように致しますので
疑問等ございましたら
お気軽にお問い合わせくださいね☆








お得な情報が送られてくる

かも。。。!!?

ウチケンLINE、はじめ

ました!!!



是非是非、こちらのURL、もしくはQRコードから
ご自身のLINEに情報をお受け取り下さいね!!!!(*^▽^*)

URLはこちら
塗替え・リフォーム専門店ウチケン LINE
https://line.me/R/ti/p/%40isr0433i


      □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 
皆様の住宅をお守りする、住宅塗り替えリフォーム専門店

塗装に関することなら何でもご相談ください。もちろん内装、水廻りのリフォームも得意ですよ!!

静岡県浜松市浜北区中条1117-2   株式会社 内山建装    代表取締役 内山雅彦
  TEL 053-585-5112                        FAX 053-585-5113

フリーダイヤル 0120-030-592
E-mail://www.u-kenso.jp/  「ウチケン」で検索してください!!

ウチケンホームページはこちら!!
http://www.u-kenso.jp/

スタッフブログ、施工事例、更新中!!ぜひ見てくださいね!!  


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■