安心リフォームの知恵

お家を守る!「シーリング」とは??

本日は、、
住宅に関して大きな役割を果たしてくれている
シーリングに関して、
「シーリングって何よ??なんの役割があるの??」
という疑問を
紐解いていきたいと思います!!!

ここです。。この、隙間からべリベリはがされている
この部分が「シーリング」です。
↓↓↓






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



(★雑談コーナー★)



皆様こんにちは!!

浜松市浜北区の住宅塗り替えリフォーム専門店
ウチケンスタッフです(^^)/

朝と夜は涼しくって、昼はふつーに暑いですね。
着る服悩みます(+_+)

そろそろ、乾燥が気になる季節になってきますよね。
もうね、、歳を重ねるにつれ
乾燥がひどくなってきますね。。。肌の(+_+)

子どものあのもちもちの肌が羨ましい(-_-)

クリームも、肌に合う、合わないがあって
いまだに「これ!!!」というのに出会えません。
ケチって安いの買ってるからですかね。。。←
もう高いの買わないと
保てない肌年齢になってしまったのだろーか(-_-)

でもでも。
お風呂上りにクリームとか保湿とか
全身に塗ってる余裕なんかないですよーて。。。
顔だけテキトーに塗って
髪の毛すらほったらかしですよーて。。。。
ディフューザーとかも
めんどくさくて長続きした事がない。。

「でも」「だって」
「子どもが」「家の事が。。。」なんて言い続けて
女子力とやらが遠のいていくんでしょうね。。。


せめて水分はたくさん摂ろう。。。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて本題まいりましょう!!


本日は

外壁塗装におけるシーリングのあれこれ!!!

を書いていきたいと思います!!!

冒頭の画像にある
ゴムみたいな、アレです。

わたし、幼いころに
アレが何か良く知らずに
裂けるチーズみたいだと思って
どっかの建物の(たしか学校)
剥がして遊んでた気がします!!!(←最低)

今考えれば、きっと経年劣化したシーリングを
めくってたんだろーなと思いますが。。。(笑)


外壁塗装における「シーリング」とは、
サイディングボードなどの外壁材の繋ぎ目に使われる
重鎮剤の事です。

次第に劣化しますので、
外壁塗装などの際に一緒にシーリング材の打ちかえ・打ち増しを
行い、メンテナンスを施す必要があります




★シーリングの役割★

シーリングの役割ですが
住宅の外壁にサイディングボードといった
パネル上の外壁材を用いる場合、何枚も外壁材を
貼り合わせていきます。
そのつなぎ目を埋めるためや、外壁とサッシの隙間
サッシと窓ガラスの隙間などにシーリング材が施されます。


このつなぎ目をシーリングを施さずにしておくと
外壁材の間から雨水が侵入したり、
寒暖差によって生じる外壁材の膨張・収縮に対応できなかったり
振動による衝撃を吸収できなかったりなど。。。
建物の内部に大きなダメージを与える事となります(+_+)

柔軟性のあるシーリング材を適宜利用することは
家全体の保護に重要であるといえます。

。。。
なので、私のように
まちがっても
ぺリ~~~~~~っと面白がって
シーリングを剥がすなんてことはしないでください。。。(笑)
劣化してめくやすかったとはいえ。。。(+_+)




★シーリングに起きる「ブリード現象」って?★


シーリング材の問題として「ブリード現象」と呼ばれる
ものがあります。
ブリード現象とは、シーリング材に入っている
「可塑剤」と呼ばれる添加物が、年数の経過によって
シーリング材の外側に染み出し、
塗装した部分が黒っぽく変色することです
黒ずんだ部分には
外気の汚れなどが付着し、シーリング材の劣化を促す他
建物の美観を損なうなどのデメリットがあります。




↑しみてる。めっちゃしみてる(+_+)


 可塑剤は、シミの原因になるのですが
ではなぜ、シーリング材に可塑剤が使われているのか。。。
それは、シーリング材に柔軟性を持たせる為なのです。
外壁材などは、様々な要因で膨張、収縮を繰り返しますので
その動きに追従できる柔軟性を持つ事が
シーリング剤には求められるのです。


対応策として
可塑剤がシミ出てしまう事を防ぐプライマーを塗布することで
ブリード現象をある程度は予防することが出来ます。

そして、ブリード現象を防ぐ為に改良された
ノンブリードタイプのシーリング材もあります。
ウチケンでは先の事(ブリード現象)を考えて
このノンブリードタイプを使っています。

業者によっては様々ですので
外壁塗装でシーリングを変える場合には
ノンブリードタイプをお勧めいたします。




★シーリング工事の手順★


シーリング工事について説明していきます☆

シーリング打ちかえの手順としては

①まず古い既存シーリング剤を除去していきます。
べリべリ~~~っと。




(ちなみに、シーリング工事には
「打ちかえ」「打ち増し」があります。
文字の通り、
「打ちかえ」は、古いものを撤去して
新しいシーリング材に打ちかえます。
「打ち増し」は
既存シーリングを撤去せずに上から盛る方法。
打ち増しは、予算も安く手間がかかりません。
既存シーリングがひび割れや硬化を
起こしていない際に、予防的な意味合いとして
施す場合が多いです。
ですが可能であれば、キレイに打ちかえた方が
良いです。
上に塗ったから見た目にはきれいだとしても
内側は年数がたっていますので、
なんでもそうですが、下地処理をきちんとしないと
本来であれば10年は防水性があったはずでも、
たったの3年で雨漏りが。。。と言った結果につながりますので
お客様の事を考える業者様であれば
基本的には打ちかえを提案するでしょう。)


②プライマー塗布

プライマーとは下地調整材のことです。
主に接着剤としての役割ですが
接着しづらい部材とシーリング材の間に一層設ける事によって
剥離を防ぐ効果もあり、プライマー塗布は
絶対に省いてはならない工程です。
既存シーリング撤去後、バックアップ材を装填し
サビ・ホコリが無いことを確認して
さらに被着面の乾燥を確認したら
このプライマーを塗布していきます。






③完了

後はヘラ押えをしてシーリング材を押し込むことで
密着性を向上させ、さらに余分なシーリング材を除去します。
シーリング剤が硬化を始める前に養生テープを剥がし
周囲の清掃と確認をして
シーリング工事は完了となります!







何気なく存在していて
普段は目立つことのないシーリングですが
大切なお家を守るために大事な役割を果たしてくれています。

ブログを読んで、ちょっと興味がわいたら
ぜひお家のシーリングを探してチェックしてみて下さい☆

もしブリード現象やひび割れなどの経年劣化が
みられるようであれば、
それはシーリングの打ちかえ時であります。

「この状態は大丈夫なのかな?」と
なにかご不明な点がございましたら
いつでもウチケンにご相談くださいね☆
 





お得な情報が送られてくる

かも。。。!!?

ウチケンLINE、はじめ

ました!!!



是非是非、こちらのURL、もしくはQRコードから
ご自身のLINEに情報をお受け取り下さいね!!!!(*^▽^*)

URLはこちら
塗替え・リフォーム専門店ウチケン LINE
https://line.me/R/ti/p/%40isr0433i


      □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 
皆様の住宅をお守りする、住宅塗り替えリフォーム専門店

塗装に関することなら何でもご相談ください。もちろん内装、水廻りのリフォームも得意ですよ!!

静岡県浜松市浜北区中条1117-2   株式会社 内山建装    代表取締役 内山雅彦
  TEL 053-585-5112                        FAX 053-585-5113

フリーダイヤル 0120-030-592
E-mail://www.u-kenso.jp/  「ウチケン」で検索してください!!

ウチケンホームページはこちら!!
http://www.u-kenso.jp/

スタッフブログ、施工事例、更新中!!ぜひ見てくださいね!!  


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■