安心リフォームの知恵

養生とは☆重要性と職人の技

本日は塗装・リフォーム工事においての
「養生」の重要性をお話ししたいと思います!!!
養生とは、、、塗装するときに
塗装したい部分以外のところに塗料が付かないように
シートやテープなどで覆う事も「養生する」と
言いますね。(^^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(☆雑談コーナー☆)


皆様こんにちは!
浜松市浜北区の住宅塗り替えリフォーム専門店
ウチケンスタッフです!!(^^)/

先週の土曜日の事なのですが
友人のお家にいくために
高速道路を走行中。。。。

まさかのタイヤパンク。。。。。。!!!!!


なんか、少しの段差に乗り上げたみたいに
「ガツッ」となった感覚があって、、、

「なんだ?何か踏んだ・・・?」
と思っていたら

「ガガガガっ」と音が聞こえ始めて
スピードが変な落ち方をし始めて
それから、車体が少し傾いた感覚が。。。(-_-)

後ろに子どもも乗せていましたし
「いやまさか自分が」なんて考えは
絶対にしない方が良いと思って

すぐ路肩へ車をとめました。


二次被害が何より恐怖だったので
スマホと水と娘だけをササッと抱えて車から離れて
緊急ダイヤルに連絡。。。。

助手席側の前のタイヤがふにゃふにゃになっていました(-_-)


その後、ロードサービスが無事来てくれて
近くのイエローハットさんまで
連れて行ってくれました(ノД`)・゜・。


空気圧も見てもらったばかりで
タイヤに山はまだあったのですが
少し劣化はあるよとの事で

命には代えられないので、全部交換しました。。。

本当に、ケガなど何もなくてよかった。。
真夏でもなく、避難していた路肩は少し広めで
日陰で涼しかったので
不幸中の幸いでした。。。

娘はレッカー車に乗れて嬉しそうでしたが
もう乗らないように気を付けないと。。。です。

皆様も本当にお気を付けください。。。!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



さて本題まいりましょう!!!

本日は
「養生の重要性」についてのお話です!!!


塗装での「養生」とは、冒頭にもかいたように
塗装の際、塗装したい部分以外のところに
塗料が付かないようにシートやテープなどで覆う
下の画像のような工程。
(下塗りと書いてあるのはスルーなさってください☆)
地面のところに施してあるのが養生ですね(^^)/





☆養生って塗料の飛散を防ぐだけじゃない☆


そもそもの目的は「建物の保護」であり
塗料の飛散を防ぐ為に使われます。


この時点で大事な役割を担っている
養生と言う作業工程ですが



この養生の出来によって、
仕上がりまでもが変わってきます。。。

塗装工事が終わったはずなのに
なにか気になる、、なにか雑にみえる、、、

そんな時は
養生がいい加減な業者さんかもしれません。。。:;(∩´﹏`∩);:





塗料は液体ですので
それを人の手で塗るとなれば、飛散はもちろんの事
塗らなくてよい部分まで塗ってしまうことが考えられます。
なのであらかじめ養生を済ませてから
塗装作業に入ることが一般的。

養生テープをまっすぐ貼れば
後から塗料を塗ったときにきれいな見栄えになるのですが

がたがたに貼ってしまうと、もちろん塗料もガタガタに。。。

まっすぐ張るだけと言えばそうなのですが
何気に、お家の外壁はザラザラしていたり
凸凹していますから、
思ったよりも難しい作業で
職人さんによって出来が変わってくる部分です。



☆飛散防止ネット☆

皆様も良く目にしたことがあると思います。
こんな状態のお家☆




工事中のお家は
よくこんなふうに
「飛散防止ネット」が組まれております。
外壁塗装では主に2つの方法が採用されており
1つは刷毛やローラーを使う「手塗り」という方法。
もう1つはスプレーガンなどで噴射する「吹き付け」を
使用する場合は、お施主様の家屋の近隣にも
飛散しやすいことから
事前に飛散防止ネットで家全体を覆います。
また、飛散防止ネットは高圧洗浄機の
水の飛散にも対応できるため
外壁塗装の際に広く使用されています。





☆どこに養生を施すの?☆


飛散防止ネットは、あくまでお家の外側、、、
近隣に対する塗料の飛散を防止するための対策です。
お施主様自身のお家については
どこに養生をするのかというと
「塗装をしない箇所全て」
となります。余すところなく!!!です!!

場合によっては
窓ガラスやお車。
家具家財、エアコンの室外機、お庭の植木など。。。


各所に応じて適切な養生を施します。




☆知っておいた方が良い
養生のチェックポイント☆

養生をすると窓は塞がれてしまいます。
夏場は暑苦しさを感じる事があるかもしれません。
どうしても窓を開けたい場合は
業者さんに相談をしてみましょう。
洗濯物も外に出せなくなる日がありますので
担当の職人さんに確認を取りましょう。



☆養生に使用する道具の種類など☆

・養生用ポリシート、マスキングテープ・
主に窓枠の養生で活躍する養生用ポリシートは、
マスキングテープとセットで使われます。
一般的なビニールより特大サイズの養生用ポリシートと
布テープより粘着力の弱いマスキングテープを
使用することが多いです。窓枠全体をビニールで覆った後
窓枠を縁取るようにマスキングテープで留めていきます。



・マスカー
マスカーとは、養生用ポリシートと
マスキングテープの機能が合体した優れものです

マスキングテープのように張るだけで
「貼る+覆う」という作業が同時にできます。



・ノンスリップマスカー・

こちらはマスカーに「滑り止め機能」がついたタイプ。
施工者の足元の保全を目的としている
ため
主に玄関廻りやベランダなどで使われています。


・ブルーシート、布カバー・
足元に敷く養生では、ノンスリップマスカー以外に
ブルーシートや布カバーを使う場合もあります。
ブルーシートは滑り止め機能はありませんが
布カバーは滑りにくいのが特徴です。
いずれも長尺かつ幅広タイプのため
広範囲の養生を必要とする際に活用します。


・カーカバー、室外機カバー・
車全体を覆うカーカバーは、
厚手のタイプから薄手のタイプがあります。
室外機カバーは
メッシュ機能をもつ特殊なタイプのものや
マスカーでつくるオリジナルタイプの物も。

・布テープ・
粘着力が強いため直接使用することはありませんが
長尺のビニールを継ぎ足したり補強する際に活躍します。

・飛散防止ネット・
お家全体を覆うメッシュシートの事。
足場の設置と同時に施されます。
通気性を保ちながら風の影響も考慮してあるのが特徴。
ずっしりとした重みがあります。




☆もし塗料が飛散したら。。。☆

塗装の際、業者は細心の注意を払いながら施工にあたりますが
塗料が飛散してしまう場合もあります。
そうなった際には剥離剤を使用して
塗料を剥がすのが一般的。
ただ、剥離剤を使用するのには
手順がありますので、素人がDIY感覚で実践するのは
お勧めできません:;(∩´﹏`∩);:

塗装作業の終了と同時に
お施主様側でも室内外をくまなくチェックし
もし飛散があるようなら業者に連絡して即時対応を依頼するのが
良いでしょう。
マイカーや近隣に塗料の飛散があった場合
保険が適用される場合もあります。

外壁塗装を依頼する前に
その業者が
「請負業者賠償責任保険」に加入しているかどうかを
確認しておくといいでしょう(^^)/




☆養生は大事な作業!!☆

養生は施工者の安全確保であったり
室内や近隣への被害を食い止める重要な作業です。
塗装の時ほどの技術を伴う作業ではありませんが
塗料の飛散を想定したり、
お施主様側の生活スタイルに配慮したりするなど
施工を進めるうえで欠かせない下準備となります。
外壁塗装をご検討の方は
塗装の技術面はもちろんですが
養生についても把握しておき
きちんと対応が出来る業者であるかを
確認することが大切です☆









お得な情報が送られてくる

かも。。。!!?

ウチケンLINE、はじめ

ました!!!



是非是非、こちらのURL、もしくはQRコードから
ご自身のLINEに情報をお受け取り下さいね!!!!(*^▽^*)

URLはこちら
塗替え・リフォーム専門店ウチケン LINE
https://line.me/R/ti/p/%40isr0433i


      □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
皆様の住宅をお守りする、住宅塗り替えリフォーム専門店

塗装に関することなら何でもご相談ください。もちろん内装、水廻りのリフォームも得意ですよ!!

静岡県浜松市浜北区中条1117-2   株式会社 内山建装    代表取締役 内山雅彦
  TEL 053-585-5112                        FAX 053-585-5113

フリーダイヤル 0120-030-592
E-mail://www.u-kenso.jp/  「ウチケン」で検索してください!!

ウチケンホームページはこちら!!
http://www.u-kenso.jp/

スタッフブログ、施工事例、更新中!!ぜひ見てくださいね!!  


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■