塗装の目的と効果

塗装の目的、効果 下地(素地)の保護

塗装の目的、効果 下地(素地)の保護イメージ

塗装の目的の第一に “建物の保護”があります。建物は、いつも雨、風、紫外線、大気中の浮遊物質、微生物など、さまざまな外的要因によって劣化を繰り返しています。塗装されている部分、例えば、モルタルや鉄、コンクリートなどの下地(素地)は、塗装による皮膜がつくられることで、建物を保護しているのです。
もし塗装がされていない場合にはどうでしょうか?建物自体が直接、風雨や紫外線などにさらされている状態になるので、傷みが早いのです。
建物を長持ちさせるためには、“塗り替え”が必要で、被塗物の保護を持続することが大切です。

塗装の目的、効果 物の美粧

塗装の目的、効果 物の美粧イメージ

“建物の保護”と同じく大切な目的に“物の美装”があります。築10年ほど経過した住宅や建物は、どうしても汚れが目立ってきます。塗装をすることで、住宅・建物の耐久性を上げるとともに、色彩・立体的模様等、思いどおりのイメージで自在な仕上り感が得られます。
また、今までとは違ったカラー、模様のパターンによりイメージを変えることも可能で、新築時のような美しさを甦らせることができます。

塗装の目的、効果 特別な機能の付与

塗装の目的、効果 特別な機能の付与イメージ

“保護機能”と“美装”が目的の塗装ですが、それ以外に、塗料は色々な機能を果たしています。防腐性、撥水性、防カビ(防藻)性、耐侯性、耐摩擦性、耐熱性、遮熱性、汚れを付きにくくする等、色々な特徴を持った塗料があります。こういった塗料を使用することでれば、今までには無かった機能を思いどおりに追加することができます。

住宅の塗装は女性のお化粧によく似ています。

毎日のお手入れで数年後のお肌の美しさが違ってくるように、住宅も定期的に正しいメンテナンスを施すことで家の寿命はぐっと延びます。
新築時にはピカピカだったおうちがいつのまにか色褪せたり、汚れ、カビ、藻がついたりして、自分の家を眺めるのがちょっと憂鬱になっていませんか?
建物は日々、紫外線を受け、雨にあたり、排気ガスを浴びています。下地にダメージが大きくなると塗装では手の施しようがなくなってしまいます。これは女性のお化粧も同じですよね。

また塗装の工程もお化粧によく似ています。
洗顔→基礎化粧で肌を整える→下地クリーム→ファンデーション・・・・と続くように、
洗浄→下地処理→下塗り→中塗り→上塗りといった具合です。

お化粧、住宅塗装共に下地調整が大切です。
新築時に帰宅するのが楽しみだった気持ちをいつまでも持ち続けたいものですね。


では、塗装の塗り替えの時期っていつなのでしょうか?
こちらのページでは、こんな症状があったら塗り替えの時期がきているサイン、をご紹介しています。お住まいの外壁や屋根など一度チェックしてみてください。
→こんな時は塗り替えが必要