代表ブログ

【浜松】今から始める台風対策「屋根」編


こんにちは!ウチケンスタッフです。
前回に引き続き、台風対策として今回は「屋根」についてブログを書きます。
台風被害の中でも、予防できたであろう被害もたくさん起こっています。
今回はそのような事例を踏まえてご紹介していきますので興味のある方は、是非最後までごらんください!

予防できる被害、できない被害

台風被害の中でも「屋根の一部が飛んでしまった」等、屋根関連のお問合せはとても多いです。
屋根の傷みや劣化の状況を把握し、早めに処置しておくことが台風対策にも繋がります。
もちろん予期せぬ強風や、飛来物による台風被害で予防不可能な台風被害も存在しますが、
瓦が既にかけていたり、ズレていたり・・・目視で異常が確認できるような状態であれば
「台風によって被害を受けてもおかしくない状態である」ということになってしまいます。
しかしながら、屋根の状態は自分で点検するのは難しい箇所であります。
状態確認をするために、業者が行っている定期点検を上手に活用するのがベストでしょう。

業者選びは重要です!悪徳業者に注意!参考コラムはこちらからどうぞ
マイベストプロ静岡【コラム】内山建装
突然の訪問で屋根の欠陥を指摘された!気を付けたい悪徳業者の手口

目視で確認できる屋根の異常

屋根の定期点検は10年が目安といわれています。
(もちろん、雨漏りや下からみてもわかるような異常を感じれば放置は厳禁です)
屋根材別にチェックポイントをご紹介いたします。

スレート屋根、金属屋根

■棟板金がしっかり固定されているか(浮き・釘のゆるみ)
■屋根材が割れたり、欠けていないか
■サビはないか

築10年を経過したスレート屋根、金属屋根では棟板金の被害が大変多いようです。
何故、そのような被害が多いのでしょうか?
棟板金は釘で固定されていて経年とともに熱の影響を受け釘がゆるみ抜けてしまうという現象が起きます。
そうすると強風が吹いた際、2m前後の金属の板が飛んでいってしまう・・・ということです。
想像するだけでゾッとしてしまいますね。

そして屋根材も経年とともに欠けたりヒビが入ったり・・・・


この写真はこの間お見積りさせていただいた屋根ですが、テープが貼ってある場所が目視で確認できる屋根材の破損していた箇所です。

こうして破損箇所にテープを貼ってみると、想像以上に屋根の傷みが激しかったことにびっくりしますね。

瓦屋根

■棟瓦や鬼瓦を固定している銅線にゆるみは無いか
■漆喰に異常はないか
■歪みやズレが起きていないか
■欠けているところはないか


瓦屋根の頂点を支えている下の部分に白い箇所があります。
これを漆喰とよび、この漆喰が健康であることがとても大切です。
一番高い箇所にあるので、「漆喰が・・・」とお客様自身で異常を確認してからお問合せいただくことも多いのですが、
ひび割れもなく、欠けもなく、白い漆喰が見えているのが健康な状態です。
こちらの浜松市のお客様の事例は、土が出てきてしまっているので処置しなくてはなりません。
経年劣化や雨風などの影響によって漆喰がやせて固定力が落ち、雨漏りの原因などに繋がります。

そして一言に瓦屋根といっても、瓦の素材や施工方法も種類があり、その中でも土葺きという方法で施工された瓦屋根は注意が必要です。
スレート屋根や金属屋根は一枚一枚下地に固定されている一方、土葺きで施工された瓦屋根は角材に引っ掛けてあるだけのものがほとんど。


瓦の下には土が敷いてあり、瓦+土の重さでとても重たくなっているんですね。これでは耐震性も、耐風性も不安なところ。
写真をご覧ください。こちらは実際の浜松市のお客様の例です。


全て同じような箇所に傷がついています。何故なんだろう?と尋ねたところ瓦がズレてしまっているとの回答でした。
そしてこちらの写真。


下に敷いてある土が流れてしまってスカスカになってしまっています。
実際内山建装では耐震として従来から土葺き瓦屋根から金属屋根に張り替えるお客様が大変多いです。
【浜松】瓦屋根を板金屋根へ葺き替え!屋根工事も承っております!

これから葺き替えをお考えのお客様は、耐震に加え耐風面も考えなければいけない時代になってしまいました。
今では瓦屋根の施工方法も向上し、防災瓦が出たり防災面でも改善されています。
(引掛け桟瓦葺き工法というのが今の主流であり、屋根の重さも土葺きに比べると半分以下。)

屋根の一部を補修するだけで大丈夫なのか、
新しい屋根材にしたほうがいいのか・・・・
屋根の状態に合わせて最善の提案をしてくれる業者を見つけてみてください。

いかがでしたでしょうか?
“ 台風の時期を万全の状態の屋根でむかえる ”
その一歩を踏み出すために、このブログが1つのきっかけになたら嬉しいです。
定期点検、おすすめですよ。
是非できることから、台風対策をはじめてみてくださいね。

前回のブログはこちらからどうぞ

【浜松】今から始める台風対策「雨樋」編


【浜松】屋根の張り替え!MFシルキールーフを使ったカバー工法の施工事例をご紹介します

台風の被害が最小限におさえられますように。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Facebookページにいいねをすると、更新の度にお知らせが届きます。
そちらも是非ご活用くださいませ。
それでは、また更新いたします。


ウチケンは、コロナ対策もバッチリです!
下記リンクも是非参考になさってください

☆★☆  お得な情報   ☆★☆

▼WEBからのお問合せ+現地調査でお見積りしていただくとQUOカードプレゼント実施中。


内山建装が運営する新事業【防災シャッター.com】

■台風・竜巻対策
■防犯対策
■暑さ・寒さ対策

後付けシャッターでさまざまな問題を解決いたします。
ただいまOPEN記念で特典あり!
是非下記リンクから詳細をご確認ください。
防災シャッター.com

Instagram【防災シャッター.com】@bous.ai


■□■ ウチケンからのお願い ■□■

内山建装は実際の工事の感想や、会社の評価を募集しております。
googleアカウントでログインしていただき、
下記URLからポチっと評価していただけると嬉しいです。
これからも施工はもちろんのこと、SNS等で良い情報を提供できるように頑張ります!
皆様のレビューが力になりますので、是非ご協力お願いいたします(^^)
 
☆おすすめブログのご紹介☆
 
▼台風に強い家をつくるなら、後付けシャッターがおすすめです。

 
▼穴があいた!!!そんな場合もご安心ください。
ポリカーボネートの修理についてのブログも公開中です。

 
▼おすすめブログ
 
▼静岡新聞マイベストプロ【静岡】でコラムを掲載中!
好評だったコラム記事はこちらをご覧ください!

 

浜松のウチケン、SNSデビュー!
更新情報や、ウチケンスタッフの日常が垣間見えるかも。
是非こちらのほうもごらんください!

Facebook


Instagram【求人用】@nurikae_utiken



Instagram【施工写真】 @uchik_en
LINEでのお問合せも大歓迎!お友達登録は上の画像をクリックしてください!

マイベストプロ静岡にて取材記事、コラム記事など
掲載させていただいております。
こちらの更新も頑張って参りますので是非ご覧ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
 
皆様の住宅をお守りする、住宅塗り替えリフォーム専門店

塗装に関することなら何でもご相談ください。
もちろん内装、水廻りのリフォームも得意ですよ!!

静岡県浜松市浜北区中条1117-2   

株式会社 内山建装(代表取締役 内山雅彦)

TEL 053-585-5112
FAX 053-585-5113

フリーダイヤル 0120-030-592
 

スタッフブログ、施工事例、更新中!!ぜひ見てくださいね!!  
 
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 
【浜松】今から始める台風対策「雨樋」編